幸福は何によって定義づけられるのだろうか、という命題に対して私たち人間は様々な答えを提示してきました。
刹那的な幸福だけでいいのか、それとも将来にわたって永遠に幸福であるべきなのかという問題はつきることがありません。

幸福は毎日の幸福の連続

幸福を定義するならば、毎日の幸福が連続するからこそ起こりうるといえるのでしょう。
毎日の小さな幸福は目に見えず、これを定義づけることは難しくとも全体としての幸福を定義づけることは可能なのかもしれません。
なさそうである物、ありそうでないもの、そんなはかなさを持っていますね。

お金なんかでは計り知れない幸福だってそこにはある

お金だけでは当然、計り知れない幸福だって当然あります。
大人の恋愛を始められる方の中には、お金はただの添え物でそれ以外の面で援助を求めているという方がいらっしゃるのです。

自分一人で暮らしているよりもいろいろな人とつきあいたい

自分一人で毎日、壁に向かって咳をしている生活なんか誰も望みません。
少なくとも誰かとつながりを持って生活したいと考えるでしょう。
人間関係が希薄なこの昨今、お金のやりとりを介してでもいいから「心の援助」がほしいと願う女性は少なくないのです。

大人になってからの恋愛はひと味違うから

大人になれば仕事や様々な人生経験から、いろいろな物の見え方が変わってきます。
私たちが生きるということは、それほど単純な話ではなくある程度変わっていくことなのです。

関連記事一覧: